忍者ブログ
フィリピン国際交流団体AYJの情報を発信していきます
[5]  [4]  [3]  [14]  [2]  [1] 
2020/06/04 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/09/01 (Sat)

 8月16日から26日までの10日間フィリピンの首都マニラへ、スタディーツアーに行ってきました。
 このツアーの名前の通り、フィリピンの現状を学ぶための現地訪問でした。

 訪問先は、私達がNGO団体としている支援先のAKCDFという保育園施設、その近くにあるスラム街の
 イーストリバーサイド

 元サッカー選手が訪問して有名になったゴミ集積場の近くの村、パヤタス
 

 「世界が100人の村だったら」というドキュメント番組で報道された同じくゴミ集積場の村、ニュースモーキー
 マウンテン

 日本の外交政策の一環として支援しているODA政策のロケーション先である、バタンガス港

 家庭内の問題等で路上で生活するようになった子ども達を一時的に保護する施設、クーヤドロップインセン
 ター

 を訪問しました。訪問先では、現地の人々がどのような生活をしているのか、オリエンテーション形式で話を
 聞き、その場所を見て回るというもので、スラム街に1日ホームスティをさせてもらう期間も作りました。10日
 間という期間は本当に短いもので、毎日が日本の大学生が直面したことの無い問題に本気で向き合う期間と
 しては十分足りていないという印象をうけました。というのも、話をする人日とは1日約350円の収入で生活を
 しており、将来の補償が十分にされず、日本の生活とは天と地ほどの差のある生活をしている人々がほとん
 どであったからです。

 そのような厳しい状況を目にしてきたわけですが、すべてが絶望的であったわけではなく、楽しかったことも
 多々あるわけです。フィリピンの人々の性質には苦しい状況でも笑っていたい、その時々を楽しみたいという
 文化的背景があるので、現地で生活をする人々やAKCDFの子供達と交流をするのは非常に面白おかしい
 ものでした。

 このフィリピンのスタディーツアーの内容がどうであったかは、ブログでは書ききれないので、詳しくは、
 AYJ報告会で発表していきたいと思います。詳細は、ブログ、随時HPにアップしていく予定なので、
 是非お越し下さい!!


     
PR
♥ comment ♥
name
subject
color
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
AKAY Youth Japan
性別:
非公開
自己紹介:
AKAY Youth Japanはフィリピンマニラにある貧困層のための教育施設A.K.C.D.Fを支援するNGO団体です。
若者を主体に関西を中心に活動しています。
主な活動は3つです。
・フィリピンスタディーツアー
・チャリティーイベント「HALO☆HALO」
・フィリピン、マニラのスラムで暮らす若者との共同事業
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
[01/18 Arnoldtainc]
[01/17 Viktorianacum]
[10/14 ゆうき]
[10/13 ゆうこ]
[10/13 ゆうこ]
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
♥ sozai : ふわふわ。り Night on the Planet ♥ Template by hanamaru.